和室


==和室リフォーム==


和室 伝統的で落ち着いた独特の雰囲気をもつ和室には、世代を超えた魅力を感じさせられます。
生活スタイルの変化で、和室のない住まいも増えていますが、一方では和室の持つくつろぎ感や、畳のいやしなどが見直されています。
一時期、和室を設けない住宅も多く建てられましたが、昨今あらためて和室の良さが見直され、リフォームなどの際に、一部を和室に改装される傾向にあります。
和室のリフォームは、ただ内装をきれいにするだけでなく、明るくして開放感をもたせ、リビングとつなげたり、広いリビングの一角に和室や畳スペースをもうけたりするケースが多くなっているようです。多目的に使える和室は、その用途に応じたリフォームプランが大切です。



内装材

和室の床材といえば畳。吸湿性に優れた素材ですが、近年はカビやダニの問題で、健康に配慮して畳床にひのきや炭を使った畳など色々な畳が登場しています。デザイン性では、縁のない琉球畳やカラー畳も人気で、畳暖房も注目です。壁材は伝統的なジュラクだけでなく、珪藻土を使った塗り壁や和紙のクロスなどが落ち着いた空間づくりにおすすめです。

収納

収納 和室は押入の使い方がポイントです。収納物に合わせて効率よい収納を計画します。客間として使う場合はあまり家具などは置かず、飾る部分も考えてみましょう。寝室として使う場合はクローゼットにするのもいいでしょう。床下収納などもおすすめです。すっきりとさせることが和室の収納には大切なポイントです。



窓 基本的に和室の場合、引き違いの窓に内障子が入っていて薄暗い印象です。明るくしたい場合は窓を大きくしたり、増やしたりしますが窓を取替えしない場合でも、内障子を和紙のブラインドやロールスクリーンにするだけで印象が明るくなります。また雨戸は採風・採光ができるルーバータイプの雨戸に変更すれば、明るく快適に過ごせます。


その他

フラット 和室を茶の間として使う場合は、床暖房や堀座卓を設けたり、床をリビングとフラットにつなげて一体化させるといったプランがおすすめ。また逆に和室の床高を30pくらい上げて床下を収納にし、空間の変化と収納を両立させるなどのプランもあります。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: