キッチン


==キッチンリフォーム==


リフォーム キッチンは、実用的な操作性を備えた道具であり、生活空間の主役になるインテリアでなければいけません。
料理を楽しみ、食を愉しむ空間であり、人が集い心がふれあう空間として、キッチンを隔絶したスペースから、リビングへと溶け込むのびやかで開放的なオープンキッチンをおすすめいたします
キッチンは、ダイニングやリビングとどうつながっているかで、調理のスタイルやくつろぎ方が大きく変わります。
ご家族みんなが集まる空間だからこそ、設備選びだけでなくレイアウトやスタイルもじっくり検討して、お住まいにピッタリのキッチンにしましょう。



キッチンのリフォームポイント

キッチンのリフォームをする際には、私たちのアドバイスよりも奥様の意見の方が大切です。
キッチンに対するご意見を教えてください。
使いやすそうなキッチンはたくさんありますが、奥様に合うかどうかをじっくり考えないといけません。
各種メーカーのシステムキッチンに対応できますので、お気軽にご相談ください。

キッチンの基礎知識



吊り戸棚
身長に合った高さが選べるのはもちろん、最近は開き扉タイプに加え、引き戸、上下開閉、フラ
ップなどデザインやサイズも豊富になりました。
レンジフード
プロペラファンとシロッコファンがあり、色は黒やシルバーが主流。人気はデザイン性の高いシルバーのシロッコファン。
キッチンパネル
キッチン前の壁部分では、清掃のしやすさから、キッチンパネルが人気です。メラミン、ホーローなど
素材・色柄も多彩。
コンロ
3ッ口のグリル付きガスコンロが主流で、プレートが広いガラストップタイプが人気。最近は、IHクッキングヒーターも評判。


水栓
基本的にはシングルレバー式がスタンダード。中にはハンドシャワー付き、浄水器一体型などもあります。
ワークトップ
「ステンレス」や、カラーが豊富な「人工大理石」が人気素材。ほかに天然石、メラミン、ガラス調カウンターなども。
シンク
コンパクトなのに中華鍋が洗える形状や、洗剤ポケット付き、水ハネ音を軽減したものなど機能的な商品が充実。
収納ユニット
キッチンの横や背面に設置する収納ユニット。デザイン性に加え、多様な収納物に対応できる機能が魅力。
ベースキャビネット
「開き扉」と「引き出し」タイプの2種があり人気なのは後者。どちらも扉の面材が豊富なので好みの色柄を選べます。。
ビルトイン機器
好評の「食器洗い乾燥機」や「コンベック・オーブンレンジ」などをベースキャビネットにセットできます。


使いやすいキッチンとは

キッチン
高さを選ぶ基本は、身長÷2+5cmとされています。
システムキッチンの平均的な高さは85cm。
メーカーにより80cm、85cm、90cmなどの種類があり、
高さが合わせられる商品もあります。


キッチン
奥行きは通常65cmでほかに60cm、75cmがあります。
使う人に合ったものでないと「吊り戸棚に届かない」「水栓が使いづらい」など不満の原因に。購入前にショールームで確認することをおすすめします。


キッチンのレイアウト
I 型レイアウト L 型レイアウト
レイアウト1 シンク・コンロ・冷蔵庫を1列に配置。平行移動で使うため間口が大きすぎると不便。せまいキッチン向き。 レイアウト2 ワークトップをL型に配置。作業スペースが広く取れ、動線も短くなります。コーナーの使い方に配慮が必要。
II 型レイアウト U 型レイアウト
レイアウト3 作業カウンターを2列に配置。I型に比べると動線が短く作業しやすくなり、収納容量も大きく取れます。 レイアウト4 ワークトップをU型に配置。作業スペースが広く取れ、収納も確保できます。クローズドタイプのキッチン向き。
アイランド 型 ペニンシュラー 型
レイアウト5 一部を島のように独立させたタイプ。8帖以上の広いスペースが必要。多人数で作業するのに向いています。 レイアウト6 一部を半島のように突き出させています。家族とのコミュニケーションを重視したキッチンスタイル。


|右向き三角1キッチンリフォーム一例

レンジフード
レンジフード取り替え

IHクッキングヒーター
IHクッキングヒーターに取り替え

レバー
ハンドルをシングルレバー水栓に取り替え
パネル
キッチンパネルの取り替え


おすすめオプション

機能性や手入れのしやすさと使い勝手を重要視した、オプション機能をご用意しております。

IHヒーター
IHヒーター

汚れもつきにくく、お掃除が簡単
炒め物から揚げ物まで、フライパンひとつでお手軽


食器乾燥機
食器洗い乾燥機

手洗いよりも節水・省エネ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: